最近話題のマルチ電子マネーとは?

マルチ電子マネー決済の特徴

マルチ電子マネー決済とは店舗で電子マネーでの決済ができるようにするシステムの事です。複数の電子マネーに対応しているので、それぞれの顧客が使用している電子マネーに幅広く対応しています。マルチ電子マネー決済の端末の設置には工事などは必要ないので、電源さえ確保できれば簡単に設置する事ができます。
端末の使用方法は非常に簡単で支払い金額を入力して電子マネーを端末にかざすだけで決済が完了してレシートも発行されるようになっています。使用法が簡単なために導入した店舗の従業員も決算端末に対応しやすいです。
短期間で契約できるマルチマネー決済もあるので、長期間の経済活動だけでなく短期間の経済活動でも使用できる決済システムです。

マルチ電子マネーを導入するメリット

マルチ電子マネーの決済システムを導入する事で様々な電子マネーで支払いが出来るようになって、集客率を上げる事に繋がります。特に言葉が通じない外国人の観光客の電子マネーの使用率が高いので、観光客の集客率もあげられます。電子マネーの導入で店の混雑が解消されて、混雑によって顧客を逃す事もなくなりますし、混雑の解消は店舗で働くスタッフの負担も軽減できます。
マルチ電子マネー決済はクレジット決済や現金での支払いと比べると接客時間が短くなるので、業務の効率化が図れます。電子マネー決済ではつり銭の渡し間違いなどがないので、電子マネー決済の割合が増えるほどスタッフのミスによる過不足金が発生する可能性が低くなります。

電子マネーを導入すると初期費用はかかりますが、お釣りの用意が不要で取引履歴も残るため、お金の管理が便利になります。