簡単に電子マネーの仕組みを紹介ー決済の種類など

電子マネーの仕組みは知れば簡単

電子マネーはクレジットカードと似ていて、カード上のものが多いです。その仕組みはとても簡単で、電子マネーの中に入っているICチップの中に、お金のデータを入れて、それを使って決済をする仕組みとなっています。
また、そのICチップのデータの読み書きは、専用の読み書き装置を利用することで出来ますので、ICチップが内蔵されているカードを端末にかざすだけで良いのも特徴です。
最近は公共の交通機関の料金支払いに電子マネーを利用される方も増えていますし、コンビニエンスストアも各種電子マネーの決済に対応しています。
またクレジットカードはそれを作る為に審査が必要になりますが、電子マネーはそのような厳しい審査は無く、申し込みをすれば直ぐに発行してもらえるカードが多いのもメリットです。

その他の電子マネーのメリットやデメリットを解説

その他のメリットとしては、決済スピードが非常に速い事です。非接触型のICカードでも、ほぼ一瞬で決済が完了します。その為、例えば電車の改札口で待たされずに、すぐに抜けることが出来ます。
また、基本的にはカードの残高以上の支払いは出来ませんので、クレジットカードのように使いすぎる心配もないです。
デメリットとして、毎回チャージする必要がありますが、カードの中には契約をすることでオートチャージをしてくれるものがある為それで対応することが出来ます。さらに、最近はクレジットカードとICカードが一体型になったものも登場し、カードを二枚持たなくて良くなっています。
このように電子マネーは沢山メリットがあるので、持っていない方は活用してみましょう。カードによってはポイントも付与されます。